中古トレーニングマシン・トレーニング機器・トレーニング器具の販売・買取・レンタル 【リサイフィット(Recyfit)】
| |

【第4回】ダンベル、シャフトの錆取り

《ダンベルのサビ取り作業》
■工程➀:サビがあるダンベルのローレッド部分に潤滑剤CRC-556を塗布しサビを擦り易くします。



■工程②:潤滑したローレッド部分を電動ドライバー用ワイヤーブラシで擦っていきます。
     電動工具がない場合、ワイヤーブラシなどを使用。



 
 
■工程③:ワイヤーブラシの研磨が完了したら、パーツクリーナーで汚れを清掃していきます。

 

■工程④:パーツクリーナーで清掃すると油分がなくなりサビやすくなる為、CRC-556等の潤滑油でローレッド部分に油分を塗布。



 
 
■工程⑤:使用前に
 使用前には必ずウエス等で塗布したCRC-556の油分をふき取ります。

《シャフトスリーブ サビ取り作業》



■工程➀:サビたスリーブ部分にピカール(液体研磨剤)を塗布しボンスター(スチールウール)を使用し磨いていきます。



 
■工程②:磨き終えた汚れをウエス等にパーツクリーナーを塗布し綺麗に掃除していきます。

   
 
■工程③:パーツクリーナーで清掃すると油分がなくなりサビやすくなる為、CRC-556等の潤滑油でスリーブ部分に油分を塗布。


   
■工程④:完成

 

ページトップに
戻る